授業の内容は自分で考える?


授業の内容は自分で考えるものなのか。 塾講師は、一般的には解説をしてから演習をするような形をとっていくことが理想とされています。 生徒たちは解説だけで理解することは難しい場合もあります。生徒たちが授業内容をしっかり理解することができるようにするためには、実際に問題を解いてもらうのが一番なのです。 解説も講師が自ら考えて行うようにしなければいけません。特に新人の講師の場合は、解説に力を言えようとします。



どのようにしたら生徒たちが理解してくれるか、わかりやすく説明できるのかと考えますが、解説はあくまでも一般的な説明であればいいと考えます。 その後の演習を行ってみて理解できていない部分を、細かく指導していくことが一番内容が生徒たちの頭に入ってきますし、自分で問題をといていくことで理解を深めることができます。



実際生徒に問題を解いてもらうことで、実践的な指導がここでできることになります。 講師は常に言葉を発していなければいけないような雰囲気がありますが、静かな空間で生徒に集中してもらい演習してもらうことも必要になります。 講師は事前に授業内容の確認と、演習問題をつくることなど自身で行うことはたくさんあります。