資料を作成するのってどうやるの?


塾講師は、資料を作成することもしなければいけません。資料内容というのは、その時期に学習している授業内容に基づいた資料を作っていきます。 学校で勉強している項目に合わせて資料を作っている塾もありますし、少しレベルを上げて作成しているところもあります。 また、それらの資料は講師が自分で考えて作る必要がありますので、学校の教科書内容を把握しておく必要がありますし、その内容があいまいな場合は生徒に聞く講師もいます。



事前準備は必ず講師自らが行うことですが、塾長が行っている場所もあります。 塾で教える内容に関しては、予習的なことがありますので先に学習することも考えて、よりわかりやすく解説しておくようにして生徒に配布するようにしていく必要があります。 塾の方でもある程度の参考書や練習問題などは用意しますが、個別指導など個々に生徒を受け持っている講師は、自分でわかりやすく指導しやすいような資料作りをしていく人もいます。



様々な参考書や問題集を参考にしながら問題を組み合わせたりして資料を作成することは、時間がかかるものですし手間がかかるものです。 一人で生徒を担当するにあたっては、その科目の内容を濃いものにした資料でなければ生徒にもわかりづらくなってしまいます。